はじめに、日本人の特徴を挙げてみようと思う。

日本人と言えば、

やたら気を遣う

誰かと一緒がいい

「みんな」が好き

テレビ番組に影響されやすい

偉い人が発信したことが真実

といったように、個々の意見よりも多数決で多いほうの意見や 権威のある人 意見が尊重されてしまう気質がある。

欧米人は違う。

個々を大切にして、ノーと言える人が多いし、自分の意見を持っている人が多いと思う。

ここで店員さんについて語りたい。

日本の店員さんと、外国の店員さんはまったく違う。

日本人の場合、お客さんが上みたいな傾向があるけど、外国はあくまで対等。

実際、めちゃくちゃ高い高級な店とかであればお客様は神様、みたいな扱いを受けてもそれだけの報酬をいただいているわけだからいい。

けれど、生活に必要なものを売っている店の店員さんとお客さんがいた場合、お客さんが神様なわけがない。

安くていいものを提供してくれている店ならば、お客さんがありがとうと言うべきであるとさえ思う。

話はそれるが、ファミリーレストランとかリーズナブルなお店で、横柄な態度で店員さんをあごで使っている人がいるが、別料金を払うべきとさえ思う。

こういったところを見ると、いやな気持ちになる。

日本にはチップの習慣がないんだから。外国では何か特別なことを頼む時にはチップを渡すだろう。

よくわからないことを言っていると思う人もいるかもしれないが、けっきょく何が言いたいにのかというと、日本にいたらわからないこと、日本との違い、日本の良さなど、海外に行ったことで学べることが多いということが言いたいことだ。

よくも悪くもということは付け加えておきたい。

統計を見ると、海外旅行に行ったことがない人の割合はまだまだ多いようだ。

今、LCCとかでどんどんリーズナブルになっているので、人生経験と解放感に満たされるために海外旅行1度は行ってみることをおすすめしたい。

日本にいると、誰かに監視されている感じがして息苦しいという人は、海外旅行に行ってみてはどうだろうか。

きっと、新しい何かを発見することができるだろう。

沖縄旅行もおすすめだ。

沖縄は日本だけど、アメリカ基地があってアメリカ人が多いからザ・日本という感じではない。

沖縄で最高なのは、やっぱり白い砂浜と青い海と空。

こんなことを書いていたらまた、旅行に行きたくなっちゃった。